【必見】今日から始める!通勤通学でやるべき簡単な節約法3選

スポンサーリンク
節約

みなさんこんにちは。投資と株主優待が好きな@olivertomolifeです!





出勤中や通学中に浪費をしてしまい困った経験はありませんか?





私たちは気が付かない内に無駄な浪費をしていることが多いのです。





この記事を読むことによって、そのような浪費を抑えることが出来ます!





なぜなら、通勤通学では決まった導線があり、対処法があるからです。





今回は通勤通学でやるべき節約法を3つ紹介していこうと思います。





こんな方におすすめ
  • 通勤通学で浪費を抑えたい
  • 普段の生活から節約をしたい
  • 簡単にできる節約法を知りたい






本記事の内容
  • 通勤通学でやるべき節約法3選
  • 通勤通学には誘惑がいっぱい?
  • 浪費の魔の手から逃れるためには?






筆者は投資歴3年で証券業界の経験があります。





それでは、通勤通学でやるべき節約法から見ていきましょう。





スポンサーリンク

通勤通学でやるべき節約法3選

通勤通学 節約

1 徒歩圏内は駅を使わず歩く

日本の大都市圏では、交通機関が発達していて、中でも東京では徒歩圏内に駅が配置されています。





そのため、徒歩で行ける場合は電車を控えると節約が可能です。





数百円程度の節約ですが、積み重なれば多くな額になるので、地道な努力が大切です。





余談ですが各鉄道会社は、指定区間で乗り放題の週末割引の切符を発行しているので、併せて使うと節約が出来ます。





2 ガソリンスタンドは系列店でお得な割引

日本にはエネオス出光興産コスモ石油などの大手ガソリンスタンドがあります。





ガソリン価格は時価に近いものがあり、元売り会社が値段を決められるので、消費者は彼らに苦しめられやすい現状にあります。





その中で会員特典が受けられる手段があるのをご存知でしょうか?





それはずばりガソリンカードを作ることです!





ガソリンカードはガソリン還元やキャッシュバックが受けられるカードで、各燃料会社が行っているビジネスの一つです。





非会員との割引の差が大きいので、同じ系列でガソリンを入れると節約になるのでおすすめです!





3 コーヒーは外で買わない

コンビニエンスストアやファーストフード店には100円のコーヒーが売っています。





しかしながら、一か月で30回飲むと3000円で年間に換算すると3万6000円の出費になります。





100円は安いという錯覚から大切な資産が逃げていくのは痛いと思います。





確かに、外でコーヒーを飲みたいという方の気持ちは分かりますが、回数を減らすか持参するかで少しずつ節約に回してみましょう。





【日本1位焙煎士監修】送料無料 自家焙煎 コーヒー リッチ ブレンド 2kg ( 500g × 4袋 ) ( コーヒー豆 コーヒー粉 珈琲 )( ドリップ コーヒー ファクトリー )

価格:2,538円
(2022/1/19 11:56時点)
感想(1096件)

通勤通学には誘惑がいっぱい?

節約 おすすめ

残念な事ですが、私たちが外に出た瞬間に浪費の誘惑は至る所に隠れています。





例えば、飲料が買える自動販売機やコンビニエンスストアはどこにでもある誘惑です。





また、スーパーやデパートなどに行った時にも誘惑はあります。





それは、レジ前の甘いお菓子やもしもの時の乾電池です。





私たちの会計前の意識は「お金を払う」ことにあるので、直前に欲しい商品があれば買ってしまう心理があります。





そのため、買い物前は何かを食べてから行くことや買う商品をリスト化する対策が必要です。





ブロックメモ 無地 972 メモ ボックスメモ メモ帳 ノート 正方形

価格:121円
(2022/1/19 11:57時点)
感想(6件)

浪費の魔の手から逃れるためには?

浪費 改善

浪費の魔の手から逃れる簡単な方法はただ一つで、それは本当に必要か考えることです。





テレビCMや売り場の宣伝では、不安や悩みに漬け込んで商品を売る手法が取られてます。





欲しいものがあれば、一歩立ち止まって本当に欲しいか考える癖を付けるようにすると、浪費から逃れることが出来ます!





このことは常に頭の片隅に置いておきましょう。





まとめ

節約 おすすめ
  • 徒歩圏内は駅を使わず歩く
  • ガソリンスタンドは系列店でお得な割引
  • コーヒーは外で買わない






今回の記事では、通勤通学でやるべき節約法を3つ紹介しました!





社会人から学生まで幅広く使える節約法なので、ぜひ実践してみてはいかがでしょうか。





本ブログでは、節約や投資に役立つ情報を随時更新しています。





SNSなどでシェアして頂けると励みになります。





最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント