【Ovo Cafe】シドニーでおすすめのブラジル料理その1

スポンサーリンク
オーストラリア

みなさんこんにちは。シドニー留学経験がある@olivertomolifeです!




多民族国家のオーストラリアでは、様々な国の料理が味わえますが、中でもブラジル料理も人気があります。




今回紹介するOvo Cafeはシドニーのタウンホールの近くにあるブラジル料理専門店のお店です!




初めてブラジル料理を食べたのですが、とても魅力的だったので、説明していきます。




こんな方におすすめ
  • シドニーでブラジル料理のお店を探している
  • オーストラリアで美味しいブラジル料理のお店を知りたい
  • ブラジル人がおすすめするブラジル料理を知りたい





2018年から一年間シドニー留学を経験。現在はその経験を活かしてブログを書いています。




この記事を読むことによって、シドニー市内のブラジル料理について知ることが出来ますよ!




スポンサーリンク

ブラジル料理とは?

ブラジル料理

ブラジル料理は多くの移民による料理が派生した料理で、各地方によって異なる料理法なのが特徴です。




中でも牛肉、豆、キャッサバを使うことが多いです。




代表的な料理としてはフェジョアーダ、シュラスコ、パステルなどがあります。




コーヒー コーヒー豆 珈琲 珈琲豆 お試し コーヒー粉 粉 豆 王国ブラジル3種 本場飲み比べセット 珈琲150杯分 福袋

価格:3,299円
(2021/7/13 17:14時点)
感想(114件)

Ovo Cafeとは?

こちらのレストランはハイドパークの近くにあるレストランでOxford Villageという商業施設にあります。




前にあった場所からお店が引っ越したようですね。




スーパーやジムなどが周りにあるので、他の用事がある時でも気軽に行けると思います。




比較的新しいレストランで、市民の人気もあるように感じました。




ブラジル料理が気になる方はぜひ行ってみてくださいね!




Ovo Cafe
  • アクセス:ミュージアム駅から徒歩5分
  • 住所:Oxford Village, 13/63 Oxford St, Darlinghurst NSW 2010 オーストラリア
  • 営業時間:毎日 8時30分~15時00分





お店の外観

商業施設に一角にあるレストランで、一見カフェのような見た目です。




ブラジル料理のレストランはカフェのようなデザインが多いのでしょうかね?




私はあまり詳しくないので分かりませんが・・・




ブルックス レギュラーコーヒー【挽】ブラジル 1kgセット 苦味と酸味のバランスが絶妙。酸味・コク・苦みが程よく調和したソフトな味わいが特長。[BROOK’S/BROOKS/珈琲]

価格:2,700円
(2021/7/13 17:15時点)
感想(6件)

お店の雰囲気

お店は窓が無く仕切りが無いデザインになっています。




開放的な雰囲気で、時々歩いている人が立ち止まる様子も見受けられました。




お客さんが食事をしている様子が見えるので、どんな料理を食べているか気になるのでしょうね。




おすすめメニュー

おすすめはフィジョアーダという煮込み料理です!




他にもステーキやサラダなどもあります。




注文方法と注意点

注文は店員にします。会計は後払いで、私が行った時は現金のみ支払い可能でした。




新しくなってからは行ってないので、カード決済も出来るかもしれません。




料理の味わい

ブラジル料理 シドニー

フェジョアーダを注文しました!




奥の左から大豆のパウダー、野菜、オレンジ、手前の左からご飯、そしてフェジョアーダです。




食べ方は大豆のパウダーをフェジョアーダに混ぜて、ご飯といっしょに食べます。




ブラジル人の友人が言うには、いろんな食べ方があるので、自分で好きに食べるのが良いと言っていました笑




フェジョアーダの味わいはとても濃厚なスープで、お腹に溜まります。




豚肉や牛肉などを煮込んでいるので、カロリーも高いそうです。




食べすぎには注意ですね!




今までに経験したことの無い新しい味わいだったので、満足できました!




まとめ

ブラジル料理
  • シドニー市内でおすすめのブラジル料理
  • フェジョアーダは濃厚な味わい
  • 一人でも複数でも行けるレストラン





OvoCafeについてまとめました!




他にもシドニーにはたくさんブラジル料理にお店があるので、見つけたら随時更新していきます!




今後もオーストラリアの情報を発信していくので、ご期待ください。




最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント