オーストラリアの物価は高い?日本と比較してみた!

スポンサーリンク
オーストラリア

みなさんこんにちは。シドニー留学経験のある@olivertomolifeです!



よくオーストリアの物価高いと聞きますが、それはなぜなのか考えたことはありますか?



実際に留学をしていて、なぜ物価が高いのか考えたことがあったので、理由を書いていこうと思います。



こんな方におすすめ
  • 将来オーストラリアに留学をする上で物価について知っておきたい
  • 日本とオーストリアの物価の違いについて知りたい
  • 留学経験者の意見を参考にしたい




本記事の内容
  • オーストラリアの物価が高い5つの理由
  • 高いと感じたオーストラリアの商品3選
  • 安いと感じたオーストラリアの商品3選
  • 節約したいなら郊外を選ぶ




2018年から一年間シドニー留学を経験。現在はその経験を活かしてブログを書いています。



この記事を読むことによって、オーストラリアの物価について知ることが出来ますよ!



スポンサーリンク

オーストラリアの物価が高い5つの理由

オーストラリア 物価

1 極端な人口密度

オーストリアではシドニーやメルボルンなどの大きな都市に人口が密集しています。



そのため、人が集まる場所の物価は上がりやすいのだと思います。



どの都市での中心部になるほど物価は高くなる傾向にあります。



2 国の面積が広い

オーストリアの国土面積は世界で6位7,692,024㎢あるので、どれだけ国土が広いかが分かると思います。



国土が広いということは、輸送のコストも他の国に比べて掛かってしまうので、物価が高い原因に含まれるのだと考えます。



そのため、都市部以外では車の必要性が高くなります。



3 人口と国土が反比例している

国土に比べて人口が極端に少ないので、労働力が足りなくなってしまいます。



そのため、郊外の人手不足の場所では人件費が高騰しているのです。



各自治体で郊外に人を集めるような政策を実施しているそうです。



4 国の産業に偏りがある

オーストリアでは農業などの第一次産業が盛んな国なので、工業面では弱い部分があります。



そのため、工場は土地が広い郊外に建てる必要があります。



そして、郊外に工場があるため、輸送コストがかかるのです。



一方でオーストリアの食料自給率は100%を超えているのも特徴です。



5 加工品を輸入に頼っている

オーストリアの家電製品はほとんどが輸入品です。



そのため、海外からの輸入コストが高いので、物価上昇に影響を及ぼしていると考えます。



オーストリアで留学していて、ほとんど、ヨーロッパやアジアの製品しか見たことがありません。



25 地球の歩き方 aruco オーストラリア 2018~2019 [ 地球の歩き方編集室 ]

価格:1,320円
(2021/6/2 14:45時点)
感想(2件)

スーパーで高いと感じたオーストラリアの商品3選

コカ・コーラ

2021年5月現在の対日オーストラリアのレートは1ドルで$84円です。



1 コカ・コーラ

オーストリアのジュースはとても高いです!



コカ・コーラは500mlで$3.5オーストリアドル以上します。



これは日本円で換算すると300円近くします。



さらに自動販売機に売っている物はもっと高い場合があります・・・



もしジュースを飲みたくなったら、スーパーの有名ではないブランドの物を選べば節約できますよ!



【10%オフクーポン対象品】コカ・コーラ(500ml*24本入)【コカコーラ(Coca-Cola)】

価格:2,248円
(2021/6/2 14:47時点)
感想(113件)

2 シーフード

オーストリアでは魚を食べる人が少ないように感じました。



なぜなら、スーパーにある魚売り場がとても狭いからです。



そして売っている魚の種類も少なく、ほとんどがサーモンでした笑



そしてそのサーモンですが500gで$15オーストリアドルもします。



日本円に換算するとなんと1200円もします・・・



そのため、オーストリアの寿司も日本以上に高いのです・・・



一方で魚のフライなどの冷凍食品は安いのでおすすめです。



3 デザート

コールスに行くと、入口の近くにデザートが売られていますが、こちらも高いです。



ホールのケーキなどは$15オーストラリアドル以上するものが多いです。



日本円で約1200円くらいでしょうか。一方でアイスクリームなどはスーパー独自のブランドがあるので、安く買えますよ!



スーパーで安いと感じたオーストラリアの商品3選

オーストラリア スーパー

1 野菜

オーストリアの野菜は日本の物に比べて大きく、安いのが特徴です。



特に玉ねぎやトマトが1kgで$2~3オーストリアドルで買えますよ!



スーパーよりも街のマーケットに売っているものが安いこともあるそうです。



2 牛乳

私が一番驚いたことは牛乳の安さです。



2Lでなんと$2オーストラリアドルなんです!



売っているコーラや水よりも安いのは面白いですよね。



牛乳は各スーパーでほとんど同じ金額なので助かります。



3 パンや米

主食であるパンや米も安いです。



パンは一袋$1オーストラリアドルでとても安い上に量がありますよ。



米も1kgで$3オーストラリアドルくらいなので、自炊をする人には嬉しいですね。



米の種類もタイ米からインド米など色々選べます。



節約したいなら郊外を選ぶ

オーストラリア 郊外

一番簡単な節約方法は郊外に住むことです。



物価も都市部よりも安いので、恩恵を受けられるはずですよ!



特に家賃は郊外なら豪華な家にも住めるかもしれません。



オーストラリアではシェアハウスが主流なので、郊外なら更に条件の良い物件もあると思います。



近年ではオーストラリアの不動産価格の上昇などの問題もありますが、留学やワーキングホリデーにはあまり影響はないと考えます。



GENIC TRAVEL(vol.01) AUSTRALIA [ manashika ]

価格:1,650円
(2021/6/2 14:49時点)
感想(0件)

まとめ

コアラ オーストラリア

  • 物価の高さには人口密度と国土に関係がある
  • コーラは牛乳よりも高い、それがオーストラリア
  • 節約するなら自炊か郊外に住む




オーストラリアの物価についてまとめました!



オーストラリアに留学や旅行をする際の参考になればと思います。



今後もオーストラリアの情報を発信していくので、ご期待ください。



最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント