【経験談】実践あるのみ!中国語0からの台湾留学はすべき?

スポンサーリンク
その他

みなさんこんにちは。高雄留学経験がある@olivertomolifeです!





台湾の留学が迫ってきて不安を感じる方もいると思います。





留学が迫って来てしまい、言葉の勉強が足りないと感じていますか?





そんなあなたにお伝えしたいことがあります。





今回は中国語の知識が無くても台湾留学が出来るかをお話していこうと思います!





これから留学する方は参考になると思うので、最後まで目を通してみてくださいね。





こんな方におすすめ
  • 台湾留学に不安がある
  • 留学準備を進めている
  • 留学経験者の意見を聞きたい






本記事の内容
  • 中国語0からの台湾留学はすべき?
  • 実体験で感じた台湾留学前に勉強すべきこと3選
  • 台湾はどの国からの留学生が多い?






2020年2月から一年間高雄でワーキングホリデーを経験。現在はその経験を活かしてブログを書いています。





この記事を読むことによって、台湾留学の不安を軽減することが出来ますよ!





スポンサーリンク

中国語0からの台湾留学はすべき?

台湾留学 不安

結論から言うと、中国語の知識が無い状態でも留学は出来ます!





なぜなら、私自身がそれに当てはまるからです。





実は台湾に留学する前には基本的な会話を覚えた程度だけでした。





そのため、台湾に着いた1か月は本当に大変でした・・・





とにかく現地の生きた中国語を覚えるために、毎日テレビを見たり、街に出かけたりしていました。





人間の適応能力に驚くと同時に、徐々に台湾の生活にも慣れていきました。





今心配している方にお伝えしたいのは、語学は実践の繰り返して身に付く物なので、臆せずに挑戦をしたほうがよいと言うことです。





実体験で感じた台湾留学前に勉強すべきこと3選

台湾留学 後悔

1 自己紹介を言えるようにする

ぜひ自己紹介の練習をしておいてください。





内容は自分の名前や出身地など簡素なもので大丈夫です。





まず私が最初に苦戦したのが、語学学校初日の自己紹介です。





日本にいた時は、文法や単語の勉強しかしていなかったので、会話能力がとても乏しかったのです。





頭の中にある単語を組み合わせてその場を乗り切りましたが、あの時の悔しさは忘れられません。





語学学校に通い始めた2週間は何も分からず、本当に地獄のような日々でした。





しかし、必死に取り組んでいくと理解も進んでいきました。





2 生活用語を覚える

台湾では全ての環境に漢字がある生活です。





そのため、私は外食やスーパーの買い物で苦戦しました。





世の中にある全てを漢字で表すので、当然学校で習わない物にも遭遇します。





そのため、生活用品の名前や、食べ物の名前を覚えておくと、生活が楽になると思いますよ!





面白いことに、中国語のレベルが上がるに連れて、街中で初めて見る漢字でも自動的に意味を理解出来るになりました。





自分の語学の自信にもつながるので、ぜひみなさんもがんばりましょう!





3 台湾のマナーを覚える

当たり前のことですが、自分の国のマナーと他国のマナーは違います。





それを同じだと思い込んでいると、トラブルを起こしかねないでしょう。





台湾では、レストランで食べ残しは持ち帰るマナーやタクシーのチップが無いことなどがあります。





これから行く国のマナーを知るのは当然のことですが、失敗をしてほしくないので、再度お伝えしました。





台湾はどの国からの留学生が多い?

台湾留学 国別

台北駐日経済文化代表処によると、2016年には11万を超える留学生が台湾に来ていたそうです。





国別では、中国大陸、マレーシア、香港で日本は4番目に多い留学者がいたそうです。





近年では、台湾の東南アジアへの教育交流も活発になっているので、インドネシアやベトナムからの人数も増えています。





まとめ

台湾留学 成功
  • 中国語の知識が無くても留学は出来る
  • 自己紹介は必ず練習しておく
  • 生活用語は出来るだけ覚える
  • 台湾のマナーも知っておこう






中国語0からの台湾留学はすべきかについて紹介しました!





今後も台湾に関する情報を発信していくので、ご期待ください。





最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント